カテゴリ:1.ソックスをめぐるダンデイズム( 1 )

「私のワードローブから」 1 ソックスをめぐる ダンデイズム 



「ソックスは、足元のネクタイと心得るべし。」

(百歳堂 敬白)


d0004856_2125361.jpg


「失われたソックスの贅沢」


、英国に、黄色い靴下しかはかないことで、有名な貴族がいた。亡くなったとき、遺族は、彼が愛した黄色いソックスを、棺おけいっぱいに 詰めて、冥福を祈ったという。天国でも、変らず愛用できるように、、、。


「靴下は、トラウザーズの色に合わせる」というのが定説だけど、それだけではツマラナイ。


、、、ウインザー公のように、茶がはいった プリンス オブ ウエールズ柄のスーツには、これも茶とネイビーのハウンドツースのソックスをはきたい、夏のシアサッカーのカジュアルトラウザーズにはホリゾンストライプのソックスが素敵だろうに、、、、それも、コットン100%で、ロングホーズが好ましい、、、、

しかし、いまや男が、ソックスに我侭をかなえることは、かなり難しくなっている。 特にわが国では。

正統的なメンズエレガンスの全盛期というのは、50年代以前といわれるが(それほどサイケデリックやヒッピームーブメントが、「あり方」を変えるほど強烈だったということか)、ソックスほど 当時のほうが、デザインも質も豊富だったアイテムはない。



「スーツの着こなし と ソックス」


d0004856_2262859.jpg
イビーストライプのスーツに、ダークネイビーの靴下、黒のオックスフォードというのは、見慣れているだけで、さほど「素敵な組み合わせ」とは思えない。

例えば、右の二人のジェントルメンの着こなしは、いかがだろう。

ネイビーストライプのスーツに、濃い青のクレリック、エンジか赤のドットがはいったタイに、ソックスは茶か、少しエンジのはいったもの、それに茶の靴。

タイのドットのエンジと、ソックスと靴の茶が、大人の「ほどの良い」リラックス感をうみだしているように思うのだが、、。

その横のグレイフランネルと思しきスーツの紳士も、ともすれば同色のグレーのソックスに、黒のオックスフォードという、当たり障りの無い組み合わせにしてしまいがちな所を、白とネイビー或いは濃いブラウンの千鳥格子のソックスに、多分、スエード(スタッグか?)の茶の靴をあわせている。いかにも、リラックスした旅仕度という風情で、素敵ではないか。


組み合わせの妙味、、、スーツの着こなしというのも、クリエイテイブなもので、それが、その人の「人相」を図らずも表すものだと思う。


いいかえれば、人目を気にせず、「楽しめ」ば良いのだと思うし、逆にいえば、その結果、心地よい「楽しさ」が人目に感じられれば、その人はエレガントに映ると思う。地味でも、派手でも、ナンダカ、切羽詰ったような着こなしは、カッコ悪いと思うンです。そういう人にかぎって、人目を気にしている。


この「ほどの良い」 趣味の良さと、余裕をもって「楽しんでいる」着こなしのために、足元のソックスは 意外と、大切だと思います。


ところが、無地のものはともかく、柄物で良いものを探そうとすると難儀をする。


ロンドンのバーリントンアーケードにあった「ロード」という店には、本格的なシェットランドウールの深いグリーンのものや、アーガイルのハンテイング ロングホーズがあった。この店は、品揃えが大人向けで、ポケットスクエアもペイズリーや柄物の良いのがあって、重宝していたのだが、残念ながら閉店してしまった。(「ロード」は、一角獣がトレードマークで、ドレッシングガウンが豊富だったり、シルクのロングホーズとか、ヘチマ衿のついた昔風のカーデイガンジャケットもあって、ちいさな店だったが、いかにも英国的だった。地下には、グレンソンの靴を揃えていたっけ。)


d0004856_1181027.jpg30-40年代の「ESQUIRE」をみると、毎号、裏表紙に「INTER WOVEN」という会社が、ソックスの広告を掲載している。これが、秀逸です。







<男の靴下 おススメ ショップ>

ドミニク フランス(パリ)  日本では オジサン臭いネクタイのイメージがあるが、 パリの店は優秀なクロゼリエです。 ここでは、無地のもの(微妙なミックス柄になっているものがある。)、特にネイビーのものは、ここのが薄さも、色も良い。 数がまとまれば(トんでもない数ですが)好きな色でオーダーできる。

ラデイコンチーニ(ローマ) もとは、ローマ最古の帽子屋。 タイや、靴下などもある。同じ色でウネがあるものと ないものを揃えているのが良い。 あと、夏のリネンの靴下は どこよりも履き心地が良いと思う。

クニーシェ(ウイーン)    冬、寒い地域なので、なんといってもカシミアとシルクの混紡のロング ホーズが秀逸。シルクがはいっているので、思った以上に丈夫で、薄さも良い。グレーのバリエーションも揃っている。エレガントな店は、グレーとブルーのバリエーションが豊富なのです。



copyright 2005 Ryuich Hanakawa all rights reserved. no part of these articles may be reproduced in any form or by any means without written permission from Ryuichi Hanakawa. contact to RIKUGHI GINZA 03-3563 7556
contact
「六義」
中央区銀座一丁目21番9号
phone 03-3563-7556 e-mail bespoke@rikughi.co.jp

[PR]
by rikughi | 2005-03-29 00:30 | 1.ソックスをめぐるダンデイズム